佐藤二朗と宮沢りえ ©2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

写真拡大

映画『ルイスと不思議の時計』の本編映像が公開された。

【動画ともっと画像を見る(5枚)】

明日10月12日から公開される同作は、両親を亡くしたルイスが、二流魔法使いである叔父のジョナサンと一流魔女のツィマーマンと共に、自身の住む屋敷に隠された「世界を破滅へと導く時計」を探し当て世界を救おうとするというあらすじ。ルイス役をオーウェン・ヴァカーロ、ジョナサン役をジャック・ブラック、ツィマーマン役をケイト・ブランシェットが演じる。吹き替え版ではルイスの声を高山みなみ、ジョナサンの声を佐藤二朗、ツィマーマンの声を宮沢りえが担当。

公開されたのは吹き替え版の本編映像。ジョナサンの屋敷に引っ越してきたルイスが時計の中から姿を現したツィマーマンと出会うシーンや、ルイスにジョナサンが「お隣の鬼ババア、フローレンス・ツィマーマン夫人だ」と悪口を交えて紹介する場面、ツィマーマンも「よかったわね、規格外にでっかい頭を受け継いでいなくて」と返す様子などが映し出されている。

ケイト・ブランシェットは「ジョナサンとフローレンスのふたりは魔法への愛で長くつながっている。でもお互いに尊敬もしている。しょっちゅう言い争いをして、まるで『バージニア・ウルフなんかこわくない』(66)のジョージとマーサみたい。激しくケンカもするけれどふたりの間には素晴らしい愛がある」とコメント。