のど飴で知られる「龍拡散」が、5日(2018年10月)に公式ツイッターに掲載した動画が話題となっている。のど飴すっきりタブレットの宣伝で、ハッシュタグ(#)は「退席せずにのどすっきり」。再生回数は80万回以上で、ネット上では「龍拡散攻めてる」「社会問題をユーモアで上手に利用している」と評判だ。

動画の元となったのは、先月28日(2018年9月)の熊本市議会。質問に立とうとした緒方夕佳議員に、議長が「何か口にくわえてますか?」と発言を制止した。緒方議員は「龍拡散ののど飴をくわえています」と説明した。咳が出ないように、のど飴を口に含んで質疑応答をしていたのだ。

これめぐって議会は紛糾し、8時間中断して、結局、緒方議員は退席させられた。

社長と社員5人が5日がかりで制作

騒動から7日後、龍拡散の新商品のPR動画が掲載された。「発言やプレゼンで喋らなきゃいけないけど、のどをすっきりしたいときは、龍拡散ののどすっきりタブレット。のど飴より小粒だから、舐めてても喋れる!」と笑顔の女性に、「実はこっそりなめてました。」の文字がかぶさる。

CM映像は藤井隆太社長と社員3人が約5日間、意見を出し合って決定した。緒方市議の騒動について、「飴が悪いのではなく、飴をなめる時のマナーに問題がある」ということを広く伝え、用途によって使い分けることができる商品を紹介したい、というのがその狙いだという。

上手ないじりで粋

司会の小倉智昭「社長の藤井さんは、話を聞いていても非常に面白く、洒落のわかる方。今回の動画も洒落っ気があります」

古市憲寿(社会学者)「逆に熊本市議会がいかに洒落っ気がないかということですよね」橋口いくよ(作家)「最近、何かを皮肉ったりいじったりすることに、すぐ苦情が寄せられる風潮がありますが、あまり人が嫌にならない形でこういうCMを作るのは洒落がきいていて、私は好きです」