東京・渋谷区の公園や路上で9日、いずれも40代の男性2人が男から相次いで暴行を受け、このうち1人が顔の骨を折る大けがをした。警視庁は同じ男による連続傷害事件の可能性があるとして捜査している。被害者の男性2人はいずれも男と面識はないという。NHKニュースが報じた。

警視庁によると、現場から立ち去った男は身長が1m70cmくらいで、上下ともグレーの服を着てフードをかぶっていたとのこと。

男性2人相次ぎ殴られ1人大けが 同一犯か 東京 渋谷(NHKニュース)