ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週から、いよいよ秋の東京開催がスタートします。

 以前にも何度か触れてきましたが、東京競馬場はコース形態、収容人数など、国内ナンバー1のスケールを誇ります。日本ダービーやジャパンカップなど、日本競馬を代表するビッグレースが開催されるコースであり、競馬関係者にとっても憧れの舞台です。

 ゆえに、毎年この時期の東京開催が始まると、「秋競馬も佳境に入るなぁ」と感じるものです。

 この秋の東京開催の開幕週には、ふたつの重賞が行なわれます。2歳馬によって争われるGIIIサウジアラビアロイヤルカップ(10月6日/東京・芝1600m)と、伝統の一戦となるGII毎日王冠(10月7日/東京・芝1800m)です。

 前者が新設重賞であることを思えば、東京開催の幕開けを告げる重賞と言えば、やはり毎日王冠でしょう。グレード制が導入された1984年以降、変わらずこの時期に、芝1800mという舞台設定でずっと開催されてきました。

 GI馬が出走しやすい別定戦であることに加えて、このあとのGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)、もしくはGIマイルCS(京都・芝1600m)へのステップレースでもあるため、秋の古馬”王道路線”とマイル路線と、複数の路線からトップホースが集うことが多く、ある意味、天皇賞・秋以上に見応えのあるレースかもしれません。

 今年も、昨年の菊花賞馬であるキセキ(牡4歳)をはじめ、古豪のサウンズオブアース(牡7歳)やステファノス(牡7歳)、さらに新興勢力となるサトノアーサー(牡4歳)など、このあとは”王道路線”に進むであろう面々だけでなく、昨年のGI NHKマイルC(東京・芝1600m)の覇者アエロリット(牝4歳)、今年のNHKマイルCを制したケイアイノーテック(牡3歳)に、ニュージーランドトロフィー(中山・芝1600m)を勝ったカツジ(牡3歳)らマイル路線組も参戦。おまけに、今春のクラシック路線を歩んできたステルヴィオ(牡3歳)など多彩なメンバーが顔をそろえ、見どころ満載のレースになりそうです。

 このメンバーの中で1番人気に推されそうなのは、今春のGI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)でも僅差の2着と好走したアエロリットでしょうか。牝馬ですが、鞍上にジョアン・モレイラ騎手を配し、鞍上込みで人気になりそうですね。

 距離は1800mとなりますが、アエロリットは同距離での実績もあります。小回りとはいえ、昨夏はクイーンS(札幌・芝1800m)を圧勝し、今春も牡馬相手の中山記念(2月25日/中山・芝1800m)で2着と善戦。折り合いさえつけば、それほど心配はいらないでしょう。

 まして、手綱を取るのがモレイラ騎手ですから、きっちりタメも利きそうです。

 この馬の勝ちパターンは、ある程度の位置で脚をタメて、早めに抜け出してそのまま押し切る――というイメージですが、これはいかにもモレイラ騎手が得意とするレース運びに思えます。おそらく、手も合うでしょう。正直、凡走するイメージが浮かびません。

 ただ、だから勝てる、というわけではないのが競馬。この馬が敗れるときは、おおよそ決め手のある馬に差されています。つまり、この馬自身にそこまでの決め手がないということ。強烈な差し脚の持ち主が他にいると、ゴール前でかわされてしまうシーンも十分にあり得ます。

 その”決め手”がある馬、という視点で他の有力馬を見ていくと、まずはキセキの名前が挙がります。菊花賞馬ではありますが、個人的には2000m以下のレースのほうが、より力を発揮できる馬ではないかと見ています。長い距離だと折り合いに少し不安があって、2000m以下のレースのほうが、流れが合うと思うんですよね。

 体調が整わなかったのか、この春の重賞での大敗は気にしなくていいと思っています。昨夏の新潟や中京で見せた決め脚を持ってすれば、アエロリットにとって脅威の存在となるでしょう。

“決め手”と言えば、ケイアイノーテックも注目です。NHKマイルCでは、大外も大外から豪快に差し切っていますからね。決して展開が向いたわけではないですし、GIの舞台ではなかなかできない芸当です。

 終(しま)いまでしっかり伸び切るその脚は、直線の長い東京でより生きますね。距離も1ハロンくらいの延長なら、心配ないはず。頭数が手頃なのも好材料で、楽しみな1頭です。

 強烈な”決め手”の持ち主としてもう1頭、忘れてはいけない馬がいます。ケイアイノーテックと同じ3歳馬のステルヴィオです。



決め手あるステルヴィオ。毎日王冠で復活なるか

 皐月賞(4着。4月15日/中山・芝2000m)、ダービー(8着。5月27日/東京・芝2400m)と見せ場なく敗れているため、人気は落ちそうですが、侮れない存在です。そこで、この馬を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 そもそも、個人的には「マイラー色が濃いな」と思っていた馬。皐月賞は不向きな展開ということもあって力を出し切れず、ダービーは明らかに距離が問題だったのではないでしょうか。そんな負け方だったような気がしています。

 ちょうど1年前のサウジアラビアRC、続くGIの朝日杯フューチュリティSと、世代屈指の存在であるダノンプレミアムには及びませんでしたが、接戦の2着争いをその強烈な決め手で制しています。

 また、今春の復帰戦となったスプリングS(1着。3月18日/中山・芝1800m)では、のちの皐月賞馬エポカドーロをゴール前できっちりとらえました。それこそ、まさに”マイラー”の決め手だったと感じています。 この秋初戦、今回の東京・芝1800mというコース形態は、この馬が復活する場としては絶好の舞台と言えるのではないでしょうか。鞍上も引き続きクリストフ・ルメール騎手が務めるようですし、期待していいと思いますよ。