サムスンのスマホ事業に暗雲か 新機種の売上で苦戦避けられないと分析

ざっくり言うと

  • スマホ事業に暗雲が立ちこめ始めたという韓国・サムスン電子
  • 中国、インドでの後退も響き、営業利益は前年と比べて3割以上減少
  • 最新機種の販売台数は1000万台以下と予測され、苦戦は避けられないようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x