「犯人認定には合理的な疑い残る」強盗致傷事件で無罪判決

ざっくり言うと

  • マンションの住人の女性を殴って、現金などを奪ったとして罪に問われた被告
  • 裁判員裁判の判決公判が4日、東京地裁で開かれた
  • 裁判長は「犯人と認定するには合理的な疑いが残る」として無罪を言い渡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x