株式会社JTBは10月3日、ドコモ・ヘルスケア株式会社のバーチャル散歩アプリ「歩いておトク」利用者をリアル観光ツアーへ誘客する「地域観光促進サービス」の提供を発表した。アプリ利用者をJTBが企画したリアル観光ツアーに誘致し、地域観光を促進することを目的としている。10月9日より自治体向けに提供を開始する。

本サービスは、ドコモのアプリによるバーチャルツアーとJTBのリアル観光ツアーを連動させた誘客サービス。認知度向上などの観光課題を抱えている全国の自治体に対して、誘客力の高いプロモーションや観光資源のコンサルティングの提供などが可能となる。両社は、地域集客力の向上、インバウンド向けプロモーションの実施などを進めることで、観光による地域の魅力発信や地域経済の活性化を継続的に実施し、運用する仕組み作りを目指す。

なお、アプリ利用者は、バーチャルツアーを体験し、ツアー限定特典を獲得することで、リアルツアーに申し込みをすることができる。バーチャル散歩ができる歩数計アプリ「歩いておトク」は、累計ダウンロード数が250万を突破している。

株式会社JTB
URL:https://www.jtbcorp.jp/
2018/10/03