ごみ収集車と壁に挟まれ意識不明の重体 サイドブレーキ原因か

ざっくり言うと

  • 石川県で2日、ごみの収集作業をしていた男性が収集車と壁の間に挟まれた
  • 収集車が動き出してしまったためで、男性は意識不明の重体となっている
  • 警察は、サイドブレーキの効き目が不十分だったとみて調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x