第2次世界大戦中の空爆 衝撃波が電離層まで到達と英研究者

ざっくり言うと

  • 第2次世界大戦中の連合国によるドイツへの空爆
  • 爆撃による衝撃波が約1000キロ上空の電離層にまで到達していた
  • 英国の研究者が調査し、地球物理学の専門誌で発表された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x