全身がんで亡くなった女優樹木希林さん(享年75)の葬儀が昨日(2018年9月30日)、都内で行われた。吉永小百合さん、北大路欣也さんら親交のあった約1500人が参列して、最後の別れをした。娘婿の本木雅弘さん(52)が取材陣に、樹木さんの最後の様子と、夫のロック歌手内田裕也さん(78)との奇妙な関係を語った。

内田裕也は遺骨をポケットに入れた

喪主は内田裕也さんが勤めたが、挨拶はせず。代わりに娘の内田也哉子さん(42)が、「うちは母と私の二人だけの家庭でした」と両親を語った。

本木さんは「也哉子が看護婦長さんに呼ばれ、樹木希林さんが毎晩、裕也さんに会いたいとおっしゃっていますよと言われたそうです。『ええっ』『本当ですか』と、樹木さんに確認したら『まあそうよ』と。『うちに帰ってからみんなに会うわ』と言っていたそうです」と話した。しかし、病院から戻った日の深夜、容体が急変したのだった。

急遽電話で、裕也さんの「しっかりしろ」という声を聞かせると、希林さんは「(孫の)UTAの手をぎゅっと握った」という。「それを裕也さんに伝えると、『ありがとう』『ありがとう』と。そのうち呼吸の間隔が開いていって、本当に平らに静かに消えていく感じでした」

「翌日裕也さんは、希林さんが使っていた赤いグラスでビールの献杯した後、とにかく『きれいだ、きれいだ』と。『昔から美人だと思っていたんだよ』って」と語ると、記者たちは笑った。

笠井信輔アナ「私も参列させていただきました。『万引き家族』の是枝裕和監督の弔辞を、橋爪功さんが代読したんですが、これが『樹木希林はもう一人の母』という名文でした」

笠井は、本木さんのもう一つの話をした。荼毘に付して骨壷を閉じようとすると、裕也さんが車椅子から立ち上がり、希林さんのアゴの骨を拾って、ハンカチで包んでポケットに入れたのだという。

笠井「それを見ていた人たちは、やっと希林さんは裕也さんの元へ帰るんだと思ったという」