厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第19回:シークレットアイズ

 昨年、管理馬のレイデオロがGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制し、ついに”ダービー・トレーナー”の称号を手にした藤沢和雄調教師。同師が率いる厩舎(美浦トレセン/茨城県)は、これまでも数々の栄冠を獲得し、長年にわたってトップ厩舎として君臨してきた。

 そして今年も、多数の有力2歳馬を擁し、来春の3歳クラシック戦線での活躍が見込まれている。まもなくデビューを迎えようとしているシークレットアイズ(牡2歳/父ディープインパクト)も、その候補の1頭だ。


牧場での評判も高かったシークレットアイズ

 同馬の母ジョリージョコンドは、ヨーロッパで現役生活を送った。際立った成績は残せなかったものの、引退後、日本で繁殖牝馬としての資質を見せ始めている。

 当初、ヨーロッパで繁殖生活を送っていた彼女は、数年して日本に輸入された。すると、当地で種付けされ、日本で生まれたファストアプローチ(牡3歳/父ドーンアプローチ)が、GIII札幌2歳S(札幌・芝1800m)で2着になるなど、才能の一端を見せたのだ。

 ファストアプローチは、母が来日する前に種付けされており、ヨーロッパで結果を収めている父と配合して生まれた子。そのため、血統だけで見れば、日本の硬い芝への適性は高くないはずだったが、重賞で好走するだけの走りを見せた。

 ならば、父がディープインパクトとなって”日本仕様”の子が生まれたら、どれほどの活躍を見せるのか――そんな期待を背負って、シークレットアイズはデビュー前から大きな注目を集めている。

 また、母ジョリージョコンドは、GI宝塚記念(阪神・芝2200m)や、海外GIの香港ヴァーズ(香港・芝2400m)を制したサトノクラウン(牡6歳)の姉にあたる。日本でもすでに活躍馬を輩出している一族ゆえ、なおさら同馬への関心は高まっている。

 実際に春の取材で、育成を担当したノーザンファーム空港牧場の細田誠二氏は、シークレットアイズについて高く評価していた。

「跳びが大きくて、ディープインパクト産駒らしいですね。誰が騎乗しても、『乗り味がいい』と言います。現に跳ねるようなキャンターで、ゴムまりが弾んでいるような感じです。(その動きからして)重賞を狙えるレベルにあるのではないでしょうか。折り合いがつくので、長距離も走れそうですね」

 シークレットアイズは、すでに藤沢厩舎に身を置いて入念に調教を重ねている。同馬について、厩舎スタッフはどんな感触を得ているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「まだ『抜群に動いている』というレベルにまではいってないようですが、スタッフによれば、『調教を重ねるごとに素軽くなり、体も締まってきている』とのこと。乗り込み量は豊富で、厩舎の評価は少しずつ上がっているようです。特にクセもなく、いたって順調と言えそうです」

 具体的なデビューの日にちは、まだ決まっていないが、10月の東京開催で初陣を迎える見込みだ。 有力馬が多数集まる藤沢厩舎にあって、シークレットアイズはどれほどの存在感を示すのか。歴代の名馬にも劣らぬ、輝かしい活躍を見せてくれることが期待される。