ブルーインパルス

写真拡大

 石川県小松市の航空自衛隊小松基地の「’2018航空祭in KOMATSU」が17日、二年ぶりに開かれた。昨年は台風で中止を余儀なくされたが、今年は天候に恵まれ、航空ファンら約十二万三千人が大空の祭典を楽しんだ。

 アクロバット飛行チーム・ブルーインパルスの曲技飛行や小松基地所属 第303、306飛行隊のF15の記念塗装機 飛行教導群などは、急旋回、急上昇といった機動飛行を披露。

 駐機場には、戦闘機をはじめ、救難捜索機や輸送機、練習機などが並び大勢の航空機ファンが見入った。