ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 夏の暑さも収まって、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。そんななか、いよいよ秋のGIシリーズが開幕します。

 その第1弾は、秋のGIシーズン開幕を告げるレースとして、すっかり定着したスプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)です。

 上半期の”スプリント王”を決めるのは、GI高松宮記念(中京・芝1200m)。舞台となる中京競馬場は、改修される前は平坦、小回りで、スピード最優先のコースでした。

 一方、スプリンターズSの舞台となる中山・芝1200mは、スタートしてすぐに坂を下るため、テンが速くなりやすく、それでいて最後の直線では急坂が待ち構えており、短距離のわりには非常にタフなコースとなります。

 それぞれ、大きく異なるコースで行なわれていましたが、両レースで好走する馬が比較的多かったのは、短距離の極限レースはスピードの絶対値の差が明確に出やすい、ということなのでしょう。ですから、中京競馬場改修後も、それぞれのレースで好走馬が極端に変わることは少ないように思います。

 今春、高松宮記念(3月25日)を制したのは、ファインニードル(牡5歳)でした。その後、4月末に香港遠征を敢行し、秋の復帰戦はセントウルS(9月9日/阪神・芝1200m)に臨みました。休み明けで、帰国初戦ということもあって、懸念材料も多かったのですが、ご存知のとおり、あっさりと快勝しましたね。

 しかも、馬場や展開など不問、と思わせるだけの圧勝劇。相手のレベルうんぬんはありますが、海外遠征を挟んでいながらも勝ち切ったことは、高く評価していいでしょう。

 まして、その香港遠征でも4着と健闘しています。レベルの高い香港のスプリントGIで、それもアウェーの立場にあれば、接戦を演じているだけでも立派だと思います。

 この中間も反動がなく、順調に調整されているようですし、有力な1頭であることは間違いないでしょう。

 対して、JRA史上初となる同一GI3連覇に挑むレッドファルクス(牡7歳)も、高松宮記念こそ勝っていませんが、現役屈指のスプリンターです。

 今年は、高松宮記念(8着)にしろ、安田記念(9着。6月3日/東京・芝1600m)にしろ、昨年ほどのパフォーマンスを見せていないため(昨年は高松宮記念3着、安田記念3着)、さすがに陰りは感じるものの、脚質的に展開の影響を受けやすいタイプ。春のGI2戦はその展開がまったく向かなかったことも事実です。

 もちろん、全盛期であれば、それでも差し込んできていたので、物足りなさはありますが、好走できるだけの能力はまだあると思います。少しでも展開が向けば、チャンスはあるでしょう。

 当初騎乗予定だったミルコ・デムーロ騎手が騎乗停止になったことで、急遽鞍上が替わって、戸崎圭太騎手が手綱を取ることになりましたが、戸崎騎手は短距離戦に強いジョッキーですし、レッドファルクスを管理する厩舎との相性もいいです。戸崎騎手が空いていて、逆にラッキーだったとも言えます。GIにおける突然の代打で、トップジョッキーが空いていることは少ないですから、なおさらです。

 実績馬で言えば、有力視されている馬がもう1頭います。レッツゴードンキ(牝6歳)です。

 GI勝利は3歳時の桜花賞まで遡(さかのぼ)らなければなりませんが、昨年の高松宮記念から、昨秋のスプリンターズS、そして今春の高松宮記念と、目下スプリントGIでは3連続2着。しかも、3戦ともほんの少しのことで栄冠に手が届いていたのではないかと思わせるほど、着差はわずかで、勝ちに等しい内容ばかりでした。

 ここでも、実力的に劣っている、ということはありません。

 以前は折り合いをつけるのに苦労し、位置取りが後ろになることが多かったのですが、近年ではその辺りも解消されたのでしょう。ある程度の位置でレースができるようになって、それが好走に結びついています。

 ただ、この馬の好走パターンは、好位置の内でじっくりと脚をタメて、直線も内から抜け出してくるイメージ。それだけ器用な脚もあるわけですが、外に回すと、前走のGIIIキーンランドC(5着。8月26日/札幌・芝1200m)のようなレースとなって、伸び切れずに終わってしまう可能性もあります。

 道中、どこの位置を取るのか。それが、レッツゴードンキの勝敗を左右しそうです。

 ここまでに挙げた3頭に比べると、実績では劣るものの、今春の高松宮記念で僅差の3着と奮闘。前哨戦のキーンランドCを制して、勢いのあるナックビーナス(牝5歳)も、鞍上込みで有力な1頭と言えます。

 その鞍上というのが、ジョアン・モレイラ騎手。キーンランドCで初めて手綱を取って、それまで惜敗の多かったナックビーナスを圧勝させました。まさに「マジックマン」の異名どおりです。

 以前にも触れたことがありますが、おそらくモレイラ騎手は、馬が走る気になる”スイッチ”の入れ方を知っているのだと思います。馬それぞれの個性によって、いろいろなスイッチの入れ方があると思いますが、その引き出しが多いのでしょう。

 このナックビーナスも、それまでは惜しいレースが多かったのですが、前走ではそのスイッチが入ったような、今までの惜敗が嘘のような圧勝ぶりでした。こうなってくれば、春の惜敗の雪辱を果たしてもおかしくありません。

 唯一の懸念は、持ち時計がやや劣っていることでしょうか。ものすごく速い決着になった場合は、時計の裏付けがない分、多少の不安があります。ただ、台風の影響で超高速馬場にはなりそうもありませんし、心配は小さくなったと言えそうです。

 実力と実績のある好メンバーが上位陣にそろいましたが、今回がGI初挑戦となるダイメイプリンセス(牝5歳)を「ヒモ穴馬」として取り上げたいと思います。


「千直」を経験してから、一段と成長したダイメイプリンセス

 昨年の春には、まだ500万条件さえ勝てずにいた存在ですが、その年の夏を境にして、500万条件、1000万条件と連勝。準オープンでも昇級初戦でいきなり2着と、すっかり力をつけていました。

 ただ、その後はまた足踏み。「この辺りまでかな……」と思わせるところもあったのですが、”千直(新潟・芝1000m)”を使って、また馬が変わりましたね。

 その千直で、準オープン、オープンを連勝。続くGIII CBC賞(7月1日/中京・芝1200m)では不利があって大敗(9着)を喫したものの、直後の千直重賞、GIIIアイビスサマーダッシュ(7月29日/新潟・芝1000m)では、再び完勝しました。

 このときの勝ち方が、千直ではあまり考えられないものでした。ただの差し切りではなく、突き抜けていったのです。まさしく瞬発力の差です。

 千直を使って、大きく馬が成長することがあるのですが、このダイメイプリンセスはその典型と言えそうです。アイビスSDのあと、前走のGIII北九州記念(8月19日/小倉・芝1200m)でも僅差の2着。夏のスプリント戦線を賑わせてくれました。

 ここまでくれば、普通ならサマーシリーズ(※)のスプリントチャンピオンを狙って、セントウルSに駒を進めるところでしょう。優勝すると、4000万円の報奨金を得られるため、例年チャンスのある馬は大概そこを使ってくるものです。ところが、なぜか同馬はそれをパスしてきました。
※夏競馬を盛り上げるために2006年から行なわれている重賞のシリーズ戦。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にしたものが『サマースプリントシリーズ』、芝1600m戦を対象にしたものが『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦を対象にしたものが『サマー2000シリーズ』。

 考えうるに、力をつけた今なら、GIの舞台でも「チャンスがある」と陣営が踏んだのではないでしょうか。ゆえに、サマースプリントシリーズのチャンピオンがかかるセントウルSをあえてパスして、GI一本に照準を合わせてきたように思います。セントウルSを使っては、さすがにGIでオツリは残ってないでしょうからね。 馬込みをさばきながら、抜群の決め手を繰り出せる豪脚を持つダイメイプリンセス。その決め脚は、それこそ千直で研かれてきたものです。大舞台でも、その武器を目いっぱい炸裂させてほしいですね。