2020年の東京オリンピックの暑さ対策として浮上していたサマータイムの導入について、自民党はきのう27日(2018年9月)に開いた研究会で、遠藤利明・五輪実施本部長は、「20年の導入は難しい」という見通しを明らかにした。

もともと、真夏の開催には疑問が強かったが、今夏の猛暑で「選手や観客に死人が出る」という懸念が強まって、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が思い付きのようにサマータイムを言い出し、首相官邸に打診したのが始まりだ。安倍首相も森元首相の提案とあっては無下にすることもできず、一応検討を指示したが、乗り気でなかったから、「導入せず」は初めから決まっていたようなものだった。

殺人熱夏の東京オリンピック

「モーニングショー」でも取り上げたが、玉川徹(テレビ朝日解説委員)らコメンテーター陣は「長時間労働になる」「マラソンを早くスタートすればいい」など批判的だった。

司会の羽鳥慎一「きのうが初めての会合だったのですがが、そこでもう難しいということになりました」

作家の吉永みち子「競技時間を早くすれがいいだけなのに、サマータイムなんて言い出すからこういうことになるんです」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「国民から意見も聞かないで、なんで2020年からになるのか。経済効果とか検討したんですかね」