台風24号はきょう28日(2018年9月)夜からあすにかけて沖縄に最接近する。30日投開票の沖縄県知事選挙の期日前投票所がある那覇市のショッピングセンター前には、4000人の列ができた。

最大瞬間風速70メートルも予想されることから、候補者ポスター掲示板が一部取り払われ、伊計島や宮城島など4島では繰り上げ投票が実施された。投票箱を海上保安庁の巡視艇で運んだ島もある。

一気にスピードアップ

今後はスピードを一気に上げて、30日朝に九州に接近、四国や紀伊半島でも土砂災害の恐れがある。関東地方も秋雨前線が刺激されて山沿いで大雨の可能性があり、夜には平野部でも強い影が吹きそうだ。

10月1日には東北や北海道で暴風雨となりそうだ。

気象予報士の天達武史「24号は今は非常に遅くノロノロですが、あす昼頃から一気にスピードアップして、予報円の中心を通れば1日で北陸まで達します」

キャスターの伊藤利尋アナ「風雨が列島を順番に駆け抜けるという意識を持って、来ることがわかっているのですから今から準備をしてください」