©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

同番組で以前に放送された、“野人”ことサッカー元日本代表・岡野雅行の高校時代の“激レア体験”がドラマ化。2週に渡って送る同作の完結編が、9月28日(金)に放送される。

©テレビ朝日

サッカー部のない高校でヤンキーを集めて部活を作った岡野(竜星涼)だったが、初めての体外試合で相手チームと大乱闘になってしまう。

しかし岡野の熱い思いに、少しずつヤンキーたちは変わっていく。岡野が考案した“スペシャルプログラム”で徐々に実力をあげていくヤンキーたち。そして、全国大会をかけた決勝のPK戦で衝撃の結末が待ち受ける。

 

◆あらすじ

©テレビ朝日

思う存分サッカーに打ち込もうと情熱を持って全寮制の松王高校に入学した岡野(竜星涼)だったが、入学早々学校にサッカー部がないことにがく然。おまけに松王高校は、全国屈指のヤンキーたちが集まる恐ろしい学校だったことを知り、絶望する。

そんな中でサッカー経験者のトガ(矢野聖人)と出会い、サッカー部設立を決意した岡野は、チェーンを振り回す怖い先輩・イシ(浅香航大)、そしてマサ(稲葉友)、ホソ(平埜生成)、ウエ(堀家一希)というヤンキーたちを集め、なんとか初試合にこぎつける。

しかしサッカーをしたこともなかったヤンキーたちは、試合開始とともに相手チームと大乱闘に…! そんな仲間たちの様子を見て、一時はサッカー部を辞めると宣言した岡野だったが、改心し「サッカーを教えてほしい」と申し出てきたイシたちとともに、ふたたび情熱を注ぎ始めるのだった!

©テレビ朝日

岡野が考えた“スペシャルプログラム”で、徐々にサッカーに慣れていくヤンキーたち。さらに、「喧嘩をしない」という忍耐力も身につけ、見事、次の練習試合では相手チームと乱闘になることなく、終了のホイッスルを迎えることになる!

しかしそんな岡野に理事長の鉄山(小野武彦)は「今度の公式戦に負けたら廃部」を宣言。なんとしてでも公式戦で一勝をあげなくてはいけなくなった岡野は、マサの頭突き、ホソの威嚇力、ウエの逃げ足の速さ、そしてイシのテコンドーで鍛えたジャンプ力、というそれぞれの得意分野をサッカーに活かすことを思いつく!

さらに、これまで不足してた“ゴールキーパー”というポジションに、タイマンドッジボールを得意とするヤンキー・武蔵(山本涼介)をスカウトし、みるみる実力を上げていく。

そして迎えた、公式戦の日――サッカー部の運命をかけた一戦が、ついに幕を開ける!