秋のGIシリーズが、いよいよ幕を開ける。

 その第1弾を飾るのは、電撃の6ハロン戦、スプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)である。香港からの遠征も含めて、6頭のGI馬が参戦。そこにこの夏の上がり馬も加わって、「スプリント王決定戦」と呼ぶにふさわしいメンバーがそろった。

 昨年は、1番人気のレッドファルクスが勝利。それ以前にも、王者ロードカナロアが連覇を飾るなど、一見堅そうなイメージのあるレースだ。現に過去10年で1番人気が4勝、2番人気が1勝、3番人気が2勝を挙げて上位勢が強さを見せているが、10年中5回は3連単の配当が10万円超え。実際のところは、”祭り”の幕開けにはもってこいの”オイシイ”レースなのだ。

 とはいえ、今年は”マジックマン”ことジョアン・モレイラ騎手が再び短期免許を取得して、今春のGI高松宮記念(3月25日/中京・芝1200m)3着馬で、前走のGIIIキーンランドC(8月26日/札幌・芝1200m)を快勝しているナックビーナス(牝5歳)に騎乗。さらに、GI高松宮記念の覇者ファインニードル(牡5歳)は、この秋初戦のGIIセントウルS(9月9日/阪神・芝1200m)を仕上がり途上で楽勝してきた。

 上位人気が予想される面々に付け入る隙はなさそうで、波乱を望むのはやや難しい状況にある。だが、日刊スポーツの松田直樹記者はこう語って、本命ムードに横槍を入れる。

「前哨戦のセントウルSで、重馬場、斤量58kgに加えて、香港遠征からの帰国初戦という過酷な条件を克服し、1馬身半抜け出した”春の王者”ファインニードルの”1強時代”到来の感も、確かにあります。でも、王者にだって、付け入る隙はありますよ」

 松田記者が続ける。

「セントウルSの直前、ファインニードルを管理する高橋義忠調教師は『良化途上』を強調していました。出来は、よくて7〜8分。それでも、常に一生懸命走る競走馬は言葉を発することができず、体調不良を訴える術がない。前述の厳しい競馬をした反動が、中2週で出たって不思議ではありません。

 それに、セントウルS組は過去10年で4勝を挙げていますが、同1着馬は本番では未勝利。ファインニードルも昨年、セントウルS1着→スプリンターズS12着に終わっています。スプリントGI春秋制覇へ、過信は禁物です」

 翻(ひるがえ)って、デイリー馬三郎の木村拓人記者は、日本のスプリント路線のレベル自体に疑問を投げかける。

「そもそも(現在のスプリント路線は)2年前からあまり代わり映えしないメンバーで、その中のトップクラスでも、ロードカナロアがバリバリだった頃と比較すると、全体的にちょっと落ちるかな、という印象があります。

 とすれば、序列どおりに買えばいいのかもしれませんが、昨年1着のレッドファルクス(牡7歳)は全盛期の勢いはなく、今回は主戦のミルコ・デムーロ騎手が騎乗停止となって、ちょっとミソがついた形。昨年の2着馬レッツゴードンキも、前走キーンランドC(5着)の内容に不満が残ります。

 ファインニードルは、そこそこ格好はつけてくれると思うんですが、昨年も同じローテーションで見せ場なく負けていますからね。不安がないわけではありません」

 そこで、木村記者は「これぐらいのメンバーであれば、まとめてひっくり返す」として、香港からの遠征馬ラッキーバブルズ(せん7歳)を穴馬に指名する。

「最近の成績が振るわないので、おそらく日本での評価は低いと思いますが、昨年同じく香港から参戦して5着に入ったブリザードを物差しにすると、地元・香港での実績はラッキーバブルズのほうが圧倒的に上です。

“短距離王国”の香港で、短距離GI戦線のトップクラスで長く勝ち負けしているわけですから、多少”旬”が過ぎているとしても、日本馬相手となったら、この馬しか考えられません。想像していた以上に、あっさり(勝つ)ということもあると思います」

 ラッキーバブルズが香港でGIを勝ったのは1回だけだが、香港国際競走のGI香港スプリントで、昨年(4着)、一昨年(2着)と2番人気に推されたほどの実力馬。スプリンターズSでは過去に、格落ちと見られていた香港馬ウルトラファンタジー(10番人気)が勝利していることを思えば、余計に軽視できない。

 一方、松田記者は、連勝中のアレスバローズ(牡6歳)を逆転候補に推奨する。

「遅咲きの6歳馬ですが、前々走のGIII CBC賞(7月1日/中京・芝1200m)、前走のGIII北九州記念(8月19日/小倉・芝1200m)と、今夏に重賞を2連勝。既成勢力とは違った勢いがあります。

 しかも勝ち時計が、CBC賞が1分7秒0、北九州記念が1分6秒6と、好タイムを立て続けにマーク。中山では先週、1600万特別・セプテンバーS(9月22日/芝1200m)において、レコードにコンマ3秒という1分7秒0の高速決着が見られました。開催3週目となっても高速決着のままで、時計勝負にも対応できるのは魅力です。

 また、アレスバローズは中山適性も高く、昨秋の1600万特別・南総S(芝1200m)では、直線一気の差し切り勝ちを披露。過去3年のスプリンターズSの勝ち馬が、上がり3ハロンで33秒5以内の脚を使っていたように、急坂で形勢逆転できる決め手を持ち合わせていることも、頼もしい限りです」

 そして、両記者がそろって名前を挙げた馬がいる。昨年の3着馬ワンスインナムーン(牝5歳)だ。


昨年のスプリンターズSでも3着入線を果たしたワンスインナムーン

「前走の朱鷺S(8月26日/新潟・芝1400m)では、地力の違いを見せつけて逃げ切りに成功しました。勝ち時計は、1分19秒7。今夏の新潟・芝1400m戦において、1分19秒台で勝利したのは、この馬だけ。それも、やや重でのものですから、より価値があります。

 当時、鞍上を任された大野拓弥騎手は、『(1400m戦でも)スピードの違いで勝ちましたけど、(距離は)1200mに短くなるほうがいい』とコメント。今回の距離短縮は、間違いなくプラスに作用するはずです」(松田記者)

「(中山競馬場は)コース替わりとなった先週は、極端な前残りの馬場でした。ナックビーナスやセイウンコウセイ(牡5歳)らも同型と言えば同型ですが、前者は行く馬がいれば控えるでしょうし、後者は無理に控えることもしませんが、何が何でも先手を主張するということもないでしょう。

 しかも、2頭はそれなりに人気になるはず。無謀な競り合いは避けるのではないでしょうか。そこで、ワンスインナムーンは思い切って、自身のスピードを生かす形に持ち込むと思います。そうなったら、侮れませんよ」(木村記者) 待ちに待った秋のGIシリーズ。高配当をゲットして幸先のいいスタートを切りたいなら、ここに挙げた「3頭」で勝負してみるのも悪くない。