10代後半から30代が抱える孤独 がんの診療について高まる期待

ざっくり言うと

  • 治療の苦痛などで孤独を抱える10代後半から30代の「AYA世代」のがん患者
  • 4月、大阪市立総合医療センターに「AYA世代専用病棟」が開設された
  • 成人と小児世代の狭間になりがちな同世代のがん治療に期待が高まっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング