27日午前9時の台風24号の位置と進路予想。

写真拡大

きょう27日(木)は、東〜北日本を中心に雨が降っているものの、西日本では晴れている所も多くなっています。ただ、あす28日(金)には沖縄の南にある台風24号によって前線が押し上げられ、太平洋側から雨が降り出す見込みです。

その台風24号は、いまは動きが鈍っているものの、この先海水温の高い海域に進むため、再発達する見込みです。また、動きが遅いことから、南西諸島では影響が長引くことも予想されます。沖縄・奄美ではきょうからうねりを伴った高波に警戒するとともに、あす以降は暴風と大雨にも警戒してください。

そして30日(日)以降、台風が西日本に接近する可能性が高くなってきました。西日本では、晴れ間の期待できるあすまでに台風への備えを終わらせておくのが良さそうです。

(気象予報士・原田 雅成)