9月30日、中山競馬場ではこの秋最初のJRA GIレースとなる、GIスプリンターズS(芝1200m)が行なわれる。

 出走予定馬は、一昨年、昨年と連覇しているレッドファルクス、春のスプリントGI・高松宮記念の勝ち馬ファインニードル、昨年の高松宮記念勝ち馬であるセイウンコウセイ、2014年の同レース勝ち馬スノードラゴン、2015年GI桜花賞馬で昨年の2着馬レッツゴードンキ、さらに香港GI馬ラッキーバブルズなど、多くの”名スプリンター”が出走してくる。

 今回はその中から、春のスプリント王ファインニードル(牡5歳/栗東・高橋義忠厩舎)にスポットを当ててみよう。


今年3月の高松宮記念を制したファインニードル

 同馬は2歳時の2015年9月にデビュー。同年11月の3戦目(京都・芝1400m)で初勝利を挙げると、徐々に力をつけて3歳5月に2勝目、10月に3勝目、4歳2月に4勝目、6月に5勝目を挙げる。そして4歳9月のGIIセントウルS(阪神・芝1200m)の6勝目で重賞初制覇を飾った。

 昨年のスプリンターズSは6番人気で12着と敗れたが、今年に入ってGIIIシルクロードS(京都・芝1200m)を勝利し、GI高松宮記念(中京・芝1200m)でGI初制覇。香港に遠征したチェアマンズスプリント(シャティン・芝1200m)でも4着と健闘し、前走のセントウルSで連覇を果たしてスプリンターズSに臨む。

 昨年は12着に敗れていることから、コース適性に疑問を持つ人もいるかもしれないが、昨年はスタートでゴチャついたため行きっぷりが悪く、流れに乗れなかったのが敗因。5月から6戦目での出走と、使い詰めのローテーションも楽ではなかった。昨年2月には同じ中山・芝1200mのアクアマリンSを勝利しているように、コースに不安はない。

 十分な実績と実力を積み上げた今年は、春のチェアマンズスプリントから約4カ月の休養をとって臨んだ前走のセントウルSを、余裕を持たせた状態で快勝。初の58キロの斤量も苦にせず、これまで勝利のなかった重馬場もアッサリ克服した。レースぶりも好位から抜け出す安定感抜群の走りを見せているだけに、不安点はほとんどないと言っていいだろう。

 ここからは、過去に同年の高松宮記念を勝った馬のスプリンターズSの成績を見てみよう。これまで19頭の該当馬が出走していて、4勝、2着3回、3着2回で、勝率21%、連対率37%という成績が残っている。

 勝った4頭の前走を見てみると、1996年フラワーパークはこのレースが12月に行なわれていた頃なので参考外として、2001年トロットスターは安田記念14着からの約4カ月ぶりの出走。2009年ローレルゲレイロはセントウルS14着から、2013年ロードカナロアもセントウルS2着からの巻き返しだった。臨戦過程に関してはバラバラだが、勝利した3頭に共通するのは、中山コースで連対があるという点。前述のように、ファインニードルはこのコースで勝利がある。

 なお、同年の高松宮記念勝ち馬がセントウルSを勝ってこのレースに臨むのは2016年のビッグアーサーに続く2例目となる。同馬はスプリンターズSで12着と大敗しているが、直線で進路がふさがれるなど大きな不利があって力を出し切れなかったためで、同馬とファインニードルが同じ結果になると見る必要はないだろう。

 春のチャンピオンであるファインニードルは前哨戦を軽くクリアし、馬場の不安もなく脚質も自在。コース実績もあり、不安点はほとんど見当たらない。大きな不利がない限りは連覇の可能性は高いと予想される。

 1頭、穴馬を挙げるとすればダイメイプリンセス(牝5歳/栗東・森田直行厩舎)。父キングヘイローは2000年の高松宮記念勝ち馬で、1990年のこのレース3着馬。牝系は今年の2冠牝馬アーモンドアイと同じだ。”旬”の牝系が連鎖反応のようにGIで激走するのは競馬の歴史の中で何度も起こってきたことなので、注意しておきたい。