©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

10月12日(金)にスタートする相葉雅紀主演の金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。

東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也(相葉)と動物や飼い主たちの心温まる交流を描く同作に、いま注目の若手女優・喜多乃愛が出演することが決定した。

 

◆テレ朝連ドラ初出演、喜多乃愛!心優しい少女役に

©テレビ朝日

喜多が演じるのは第2話から登場する少女・大沢香子。骨肉腫を患うコリー犬・ジュリの飼い主で、ジュリの治療のために「ナルタウン動物病院」に通っている。

しかしひょんなことから達也のいる「坂の上動物病院」を訪問。それを機に、達也と「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)はジュリの治療法をめぐって対立していくことに。

心優しい香子はジュリの治療についてもなかなか気持ちを口にすることができずに葛藤するが、達也や研修医である堀川広樹(小瀧望)との出会いを経て、少しずつ変わっていく。だがそんな香子は、実は達也とワケありな関係で…?

喜多は、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で茶髪のポニーテール美少女を演じ話題となった。前作からは大きくイメージチェンジし、テレビ朝日の連続ドラマ初出演となる彼女が、物語の重要な役割を担う人物を熱演する。

主演の相葉、そして共演シーンの多い小瀧らと、和やかな雰囲気のなかで撮影を続けているという喜多。

「坂の上動物病院」の看護師・加瀬トキワ役の広末涼子から、芝居のなかでアドバイスをもらうこともあったそうで、「広末さんのようなかっこいい女優さんになりたい!」と思いを新たにしたことを明かした。

今作でまた新たな役に挑み、女優としてもますます成長していく喜多の熱演に期待だ。