「スイーツ展」名古屋市科学館で - 本物の“お菓子の家”や辻口博啓らの直筆ケーキデザイン画など

写真拡大

スイーツにまつわる展覧会「スイーツ展」が2018年11月23日(金)から2019年2月11日(月)の期間、名古屋市科学館にて開催される。

「スイーツ展」では辻口博啓をはじめとする有名パティシエ直筆のケーキのデザイン画、スイーツデコアーティスト渡辺おさむ、人気ミニチュアアーティスト田中智の作品や本物のマカロンタワーなどを多数展示。

会場は、「お菓子の王国」「考える人のチョコレート屋さん」「魔女のケーキ屋さん」「マルシェ」「お菓子の図書館」「どうぶつの森」「お菓子のおうち」「小さなお菓子の世界」といった異なる8つの世界観によるブースで構成。それぞれのテーマに沿って、キュートでポップなスイーツの世界を満喫することができる。

その中の「お菓子のおうち」では、誰もが子どもの頃に憧れた“お菓子の家”を再現。パティシエが考える本物の“お菓子の家”やミニチュアサイズの“お菓子の家”など、まるで絵本の世界から飛び出してきたかのような作品を楽しんでみて。

【詳細】
スイーツ展
会期:2018年11月23日(金)〜2019年2月11日(月)
開館時間:9:30〜17:00(最終入場16:30)
会場:名古屋市科学館
住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内
入場料:前売(11月22日(木)まで販売) 一般 1,200円/高校・大学生 600円/小・中学生 300円、当日 一般 1,400円/高校・大学生 800円/小・中学生 500円
※毎週月曜日休館。但し12月24日(月)、1月14日(月)、2月11日(月)は開館。※12月21日(金)、12月25日(火)、12月29日(土)から1月3日(木)、1月15日(火)、1月18日(金)は休館。


[写真付きで読む]「スイーツ展」名古屋市科学館で - 本物の“お菓子の家”や辻口博啓らの直筆ケーキデザイン画など

外部サイト

  • 北欧のデザイナー&建築家「アルヴァ・アアルト」約20年ぶりの回顧展、東京・名古屋ほか4都市巡回
  • スヌーピーと科学がコラボ!展覧会「スヌーピー・ファンタレーション」名古屋で、スヌーピーロボットなど
  • 「アートアクアリウム2018」東京・名古屋で、8千匹の金魚が舞う水中アート - 新作"天井"金魚も