日本相撲協会に引退届を出した貴乃花親方は、これからどうするのか。古谷有美アナが「お金の面は大丈夫か」と調べた。

「協会の退職金は貴乃花親方のクラスでは約900万円とみられています。さらにテレビCM出演料、講演会もあると思われます。たとえば、妻の景子さんの講演会は去年(2018年)50回開催されています。かつてアナウンサーとして活躍した人なので、話し方講座などが多いようです」

司会の国分太一が青山学院大学の陸上部監督の原晋氏に聞く。「親方はよく呼ばれますよね。原さんもよく講演されていますよね。ギャラいくらですか」

原「いえいえ、世の中を良くするためにやっています。堀尾さんが詳しいですよ」

キャスターの堀尾正明「貴乃花親方は引退されても収入面で心配はないでしょう」

古谷「一部スポーツ紙によりますと、貴乃花親方の講演料は90分で300万円ではないかといわれています」

出演者全員「えーっ」

講演料としては破格である。おそらく日本一。

堀尾「月とスッポンですね」

原「ホントに凄いですね」

今後の流れについて、貴乃花親方を長年取材している日刊スポーツ静岡支局長の柳田通斉記者は「しばらくは協会と平行線が続いて、最終的には貴乃花親方が退いていくことになるのではないでしょうか。性格的にいって、話し合いの席に戻ることはあり得ないでしょう」とみている。