貴乃花親方が日本相撲協会に引退願いを提出したことについて、兄の花田虎上氏は「頑固なんで、弟子にされた暴力事件で折れることはできないものがあるんでしょう。弟子を愛しているから、そこは変えられないということだろう。(協会のやり方は)昨今はやりのパワーハラスメントに似ている」と話す。

ヒラ年寄りに降格されて我慢の限界

スタジオには貴乃花の兄弟子の元関脇・貴闘力がいて、こう話した。「秋場所初日に電話で話したが、このときは、弟子を増やしたいという話でした。(貴闘力の)子ども2人を『俺に預けろよ、強くするから』といい、引退などあり得ないと思っていましたよ。

ただ、(ヒラの)年寄になった時は我慢も限界だったようなので、『もっと上から協会と戦え、国会議員になると良い』と話したら、『なにアホなことを言っている』と一蹴されました」