©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

9月26日(水)の放送では、「目の奥が死んでいる男性に色気を感じる」という女性からの投稿に対して、「ホントに目が死んでいる人は廃人。そんな人、愛せる?」とマツコが問う。

©テレビ朝日

一方、有吉は「目が死んでいる男子の裏には、目がらんらんとした声を張り上げるような男子がいることを忘れないで!」と訴える。そして、ミステリアスな「死んだ目男子」に惹かれる理由をマツコと有吉が分析する。

さらにそこから、ミステリアスな雰囲気になぜ魅力を感じるのかということについて考えてみるが…?

©テレビ朝日

15年来お世話になっている仕事の師匠。食事に連れて行ってくれてもずっとごちそうしてくれていたのに、最近は急にお会計で2000円だけ求められるようになったそう。一見、仕事も順調そうだが、その行動の真意とは何なのか?という投稿についても議論する。

マツコと有吉は「これまでさんざんお世話になったのに、こんな投稿を送ってくるなんて!」「これからは自分がごちそうするっていう気概はないのか!」と憤慨。

しかし、自分がその師匠の立場だったらどうするか、ということに頭を悩ませ…?