印の医師の多くが結核の兆候見逃し不適切治療 米誌で研究発表

ざっくり言うと

  • インドの民間医療機関についての研究結果が25日、米医学誌で発表された
  • 医師の65%が結核の兆候を見逃し、患者に不適切な治療を提供していた
  • 訓練を受けていない医師が農村部に多く、効果的な治療をする割合が低かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング