1億3000万円を脱税 大阪城公園内のたこ焼き店店主の動機が明らかに

ざっくり言うと

  • 1億3000万円を脱税したとして起訴された、大阪城公園内のたこ焼き店店主
  • 26日に開かれた初公判で、「蓄えがほしかった」とする動機が明らかになった
  • 売上金から運営費などを除いた全額を、親族の口座に分けて貯蓄していたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング