閉館した水族館 取り残されたイルカは社長の親族らが世話か

ざっくり言うと

  • 閉館してから7カ月が経過する千葉県銚子市の水族館「犬吠埼マリンパーク」
  • イルカやペンギン、魚などが取り残され、社長の親族が世話をしているという
  • 月々の経費は約150万円とされ、社長のポケットマネーなどで凌いでいるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x