六本木ヒルズで「新・北斎展」冨嶽三十六景などの国内外名品や初公開作品、“真の北斎”に迫る

写真拡大

「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が、2019年1月17日(木)〜3月24日(日)までの期間、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催される。

初公開作品など、葛飾北斎の真の魅力に迫る展覧会

葛飾北斎は、江戸時代の浮世絵師。グレート・ウェーブとして世界的に知られる「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」などの風景画を収めた代表作「冨嶽三十六景」や「北斎漫画」は、今なお世界的に高い評価を得ている。また、ビンセント・ヴァン・ゴッホや、エドガー・ドガなど、名立たる巨匠画家たちにも影響を与えた人物としても知られている。

「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」では、約70年に及ぶ葛飾北斎の画業の最初期から晩年のものまで、幅広い作品を展示。国内外の名品や、近年発見されたもの、初公開となる作品を通して、誰もが知る葛飾北斎の絵のイメージとは違う、知られざる作品に出会うことができる。

壮大な画業を一通り紹介、多彩な作品が集結

最初期に始まり、勝川派の絵師として活動した春朗期、勝川派を離れて浮世絵画派とは一線を画した作画活動を行った宗理期など、葛飾北斎の軌跡を作品とともに辿っていく。

また、46歳から50歳頃の葛飾北斎期では、読本挿絵に注力。その後、51歳から60歳にかけての戴斗期には多彩な絵手本を手掛けるようになる。錦絵の揃物を多数制作した61歳からの為一期、自由な発想と表現による肉筆画に没頭した画狂老人卍期と、時を辿るにつれ制作した作品の内容も随時変化していたことがわかる。

多岐にわたる葛飾北斎の作品を一度に楽しめる、貴重なチャンスとなっている。

【詳細】
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED
会期:2019年1月17日(木)〜3月24日(日) ※会期中展示替えあり
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階
休館日:2019年1月29日(火)、2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)
開館時間:10:00〜20:00、火曜日のみ17:00まで(最終入館は閉館の30分前まで)

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600
[写真付きで読む]六本木ヒルズで「新・北斎展」冨嶽三十六景などの国内外名品や初公開作品、“真の北斎”に迫る

外部サイト

  • 企画展「民藝展」を21_21 DESIGN SIGHTで開催 - デザインの視点で民藝を紹介
  • 「北斎の橋 すみだの橋」すみだ北斎美術館で開催 - 北斎や門人が描いた浮世絵の“橋”に着目
  • 山種美術館「[企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―」水を表した浮世絵や絵画