遺伝子操作でマラリア媒介蚊の対策 個体群の全滅に初めて成功

ざっくり言うと

  • 遺伝子操作でマラリア媒介蚊の個体群を全滅させる実験が成功した
  • 8世代を重ねると雌がいなくなり、子孫を残せなくなったために個体群が崩壊
  • 自然環境での試験を検討するのは、少なくとも5〜10年先になる見通しだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x