フランスに亡命したシリアの美術教師 拷問の恐怖を描く

ざっくり言うと

  • ある美術教師の男性は、シリアから亡命しフランスで生活をしている
  • 部屋の壁には、シリアの刑事施設で一緒だった収容者たちを描いた2枚の絵が
  • 脱出してから3年が経過したが、今でも拷問室での体験を描き続けている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x