Xperiaの「いたわり充電」活用してる?バッテリーを長持ちさせよう:Xperia Tips

Xperiaに搭載されている「いたわり充電」機能をご存知ですか? これは、就寝中などの長時間充電している時間帯を学習することで、満充電までの速度を自動で調節するというもの。充電時にバッテリーにかかる負荷を軽減することで良好状態を保ち、バッテリーの寿命を延ばす効果があります。

ただし、「いたわり充電」は、"向く人"と"向かない人"がいるため、自分の生活リズムを考慮したうえで、必要かどうかを判断しましょう。なお、同機能はXperia XZ以降の機種に対応します。

生活リズムが"規則正しい"人に向いている


「いたわり充電」は、長時間充電器を使用している特定の時間帯を覚え、充電器が取り外される時間に合わせて充電が100%になるように充電の速度を調節します。そのため、不規則な時間帯に充電をしている場合、充電習慣が見つけられないため「いたわり充電」は行われません。

ただし、一定の生活リズムで生活していて普段「いたわり充電」を使用している人が、普段より早い時間に起床して充電をやめた場合、満充電になっていない......というケースもあるので注意が必要。普段はいたわり充電をオンにしておき、例外の日は事前にオフにしておくとよいでしょう。

「バッテリー」からオンオフを設定


「いたわり充電」は、初期状態ではオンになっています。ここでは、いたわり充電のオンオフを変更する際の設定方法を紹介します。

まずは、設定を起動して「バッテリー」をタップ。

▲「設定」から「バッテリー」をタップ

「充電残量と残り時間」などを確認できる画面が表示されます。下にスクロールして、「充電」欄にある「いたわり充電」を選びましょう。


▲「充電」欄の「いたわり充電」をタップ

「ON」の右側にあるボタンをタップして、「いたわり充電」のオンオフ設定を行います。


▲初期設定ではオンになっています。必要に応じて、ボタンをタップしてオンオフを切り替えよう

バッテリーを良好の状態で長く使うために、オンオフを上手に切り替えながら活用しましょう。