23日午後3時の台風24号の位置と5日間進路予想。

写真拡大

振替休日の24日(月)は、全国的に雲が広がりやすく、九州や四国、関東を中心に雨が降りやすい見込みです。中秋の名月を楽しみにされている方も多いと思いますが、すっきりしない空模様となりそうです。

さらに週後半にかけては台風の影響が出てくるおそれもあります。現在フィリピンの東にある台風24号「チャーミー」は、海水温の高い海域で動きを遅めることもあり、この先猛烈な台風まで発達する予想です。現時点で沖縄の南まで進む予想となっていますが、その先の進路がまだ不確実な状況です。

台風の動きが遅いことにより、南西諸島では波の高い状態が続くおそれがあります。また、台風からの暖かく湿った空気が流れ込み、日本付近にある前線を活発化させる可能性もあります。
この先の天気に台風がどう影響してくるか、最新の天気予報で確認してください。

(気象予報士・原田 雅成)