【今週の予想】

☆中山2R 2歳未勝利(芝1600m)

 ウインメテオーラを狙う。デビュー戦はスタート後に外へヨレてしまい、後方からの競馬となった上、道中も外へ逃げようとする面が見られた。直線まで動くに動けず、実質直線だけの競馬となったものの、メンバー中3位の上がりを使って追い込み8着。今回は2戦目の慣れも見込め、変わり身を見せる可能性は十分。

◎ウインメテオーラ
○シセイタイガ
▲ユナカイト
△₁トーセンアトランタ
△₂キンジトー
△₃コスモアイトーン

買い目
【馬連】5点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単2頭軸マルチ】24点
◎○⇔▲△₁△₂△₃

☆中山9R 芙蓉ステークス(芝2000m)

 ミッキーブラックは、まだ幼い体つきをしているが、芯が通った馬体をしており、父の代表産駒キタサンブラックを彷彿とさせる。デビュー戦は、9番手から4コーナーで外を回して最速の上がりを使って1着。ゴール前では流す余裕もあり、着差以上に強い競馬。今回のメンバーに入っても力は抜けていると見ており、鉄板の◎。

◎ミッキーブラック
○ボスジラ
▲マイネルエキサイト
△₁カイザースクルーン
△₂セイウンオフロード

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】6点
◎-○▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】9点
◎→○▲△→○▲△₁△₂

☆阪神11R 神戸新聞杯(GII)(芝2400m)

 皐月賞馬・エポカドーロ、ダービー馬・ワグネリアンと、ともにひと夏を越えて確かな成長を見せており、甲乙つけがたい両雄であるが、距離適性の差でワグネリアンに本命を打つ。6戦して敗れた2戦はともに中山競馬場でのもので、特に唯一連対を外した皐月賞では、エンジンがかかるまでに時間を要するタイプの上、勝負どころで大外を回るロスがあり、伸びてきたゴール前でも両サイドから寄られ、他馬と接触する不利があるなど敗因は明らか。前走のダービーでは、積極的な競馬をし、直線でエポカドーロを叩き合いの末、競り落として見事世代の頂点に立った。目標は先のため、今回はやや余裕残しの仕上げではあるが、それでもひと夏の成長はかなりのものがあり、十分勝ち負けになる。相手本線は皐月賞馬・エポカドーロ。こちらもひと夏を越して馬体に明らかな成長を見せているが、体型、血統から本質的には2000mあたりがベストと思われ、その分対抗としたが、皐月賞、ダービーでの走りは本物。力は本命馬と遜色ないと見る。▲はメイショウテッコン。以下、エタリオウ、ステイフーリッシュ、タイムフライヤーまで。

◎(3)ワグネリアン
○(8)エポカドーロ
▲(6)メイショウテッコン
△(2)エタリオウ
△(4)ステイフーリッシュ
△(5)タイムフライヤー

買い目
【馬単】4点
(3)→(2)(6)(8)
(8)→(3)
【3連複2頭軸流し】4点
(3)(8)-(2)(4)(5)(6)
【3連単フォーメーション】16点
(3)→(2)(6)(8)→(2)(4)(5)(6)(8)
(8)→(3)→(2)(4)(5)(6)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。