【今週デビューの注目馬】

☆クイックステップ

 2018年9月23日(日)中山第5R芝2000m戦に出走予定のクイックステップ。馬名の由来は「社交ダンスの種目」。牝、青鹿毛、2016年2月29日生。美浦・高木登厩舎。父モンテロッソ、母エールドクラージュ、母父シンボリクリスエス。生産は日高町・三城ボクジョウ、馬主はラ・メール。半姉には17年ターコイズS(GIII)、18年京都牝馬S(GIII)、18年阪神牝馬S(GII)と重賞を3連勝したミスパンテール(父ダイワメジャー)がいる。本馬はトモにもう少しボリュームが欲しいが、前駆は現状でもボリュームがあり見栄えのする造り。スッと伸びた四肢を持ち、腹袋がしっかりとしているため、馬体面、内臓面ともに強そうだ。凛とした顔立ちからは学習能力があり、操縦性の良さも窺える。キレよりも長く良い脚を使うタイプだろう。距離はマイルから2000mあたりを得意としそうだ。なお、鞍上は大野拓弥騎手。

☆アーズローヴァー

 2018年9月23日(日)阪神第6Rダート1400m戦に出走予定のアーズローヴァー。馬名の由来は「鮮やかな深紅色の薔薇の品種名。母名より連想」。牝、鹿毛、2016年5月7日生。栗東・松下武士厩舎。父キンシャサノキセキ、母ヴィアンローズ、母父Sevres Rose。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額2000万円。半姉には芝で4勝を挙げたローズノーブル(ディープインパクト)や、半兄にはOPクラスまでいったローズミラクル(父フジキセキ)や、16年プリンシパルS(OP)を勝ったアジュールローズ(父ヴィクトワールピサ)がいる。本馬は遅生まれということもあり、全体的にしっかりしてくるのは遅めだろうが、均整の取れた好馬体をしており、筋肉量は豊富。やや硬さがあり、回転の速い走法から短距離戦で活躍しそうだ。なお、鞍上は川田将雅騎手

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。