新戦力たちがきら星のごとく輝く活躍を見せた森保ジャパン初陣。期待の伊藤達哉(ハンブルガー)は出場機会なしに終わった。コスタリカ戦が終わり、「初代表はどうだった?」と、フワッとした質問を投げかけると、「うーん」と唸った後、言葉をひねり出した。

「ひと言でまとめると、悔しかった代表ですね。試合に出たかったですし、ドイツに帰って毎日アピールして、また戻ってこられるように、また選ばれるように頑張りたいです」

 チャンスを掴んだ仲間がいるなかで、自分はそうではなかった。そんな事実を噛みしめているようだった。


Jリーグ未経験で日本代表に初招集された伊藤達哉(ハンブルガー)

 伊藤は代表に呼ばれると、かわいそうになるほど何かしら不運に見舞われる。

 昨年、U-21代表のパラグアイ遠征メンバーに招集されたときは、ロストバゲッジにあい、現地調達でまかなった。ドイツとパラグアイの気温差は、日本とパラグアイのそれよりも激しく、日本から遠征に参加した他の代表選手たちとコンディションが一致しなかったのも不運だった。

 今回の代表招集でもアクシデントに見舞われている。ハンブルクから日本へと旅立つ前日は、アウェーでドレスデンとの公式戦が予定されていた。ところがバスに揺られること5時間、現地に着いてみると「警備の警官の人数が不足している」という理由で試合が中止に。施設や環境の整わない下部リーグなどとは違い、2部の試合がそんな理由で中止になることなどめったにない。

 とんぼ返りで再び5時間をかけてハンブルクに戻り、伊藤は日本への帰路についた。1日10時間をバスで過ごしたダメージは意外に大きく、帰国してからもコンディションが上がりきらなかったという。

「移動が続いて、ちょっとだけ身体が言うことをきかないというか、コンディションが100パーセントじゃないというのはありました。次からどうやって準備しようというのはあります。コンディション調整は簡単じゃないです。慣れてないというのもあると思うんですけど、今後の課題だと思います。今後も海外でプレーしていくんだったら向き合っていかないといけないことなので、いろいろ考えないといけないなと思います」

 海外組の選手たちは、海外でプレーすることのメリットに「サッカーや自分自身と向き合う時間が長い」ことをあげる。友人、知人がいつも近くにいるわけではなく、自然とひとりの時間が増える。日本にいたら断りきれないような付き合いの類は激減し、いやがおうでも自分と向き合わざるを得なくなるのだ。

 高校3年の夏にハンブルクのU-19に飛び込んだ伊藤は、孤独に打ち勝ちながら自分と対話する方法を自然と身につけているのだろう。試合に向けた集中の仕方、コンディションの上げ方も自分のスタイルを確立しているに違いない。そうでなければ、ブンデスで主力を張る選手にはなれない。

 ただ、その方法が確立されていればいるほど、条件や環境が整わないときに「いつもと違う」という違和感を覚えてしまうこともあるのではないか。いつものような調整ができないと対応ができない。「慣れてないというのもあると思う……」というのは、そういうことだろう。今後、伊藤が代表に定着するために必要なのは、多少の悪条件でもやりきってしまう「力強さ」なのかもしれない。

 もっとも、プレーそのものには自信がある。

「3トップでやるのだったら難しさはあるんですけど、コスタリカ戦みたいに4-4-2だったら得意なので、自分の力そのまま出せるかなというのはあります。ハンブルクでのパフォーマンスをそのまま出せたらいいと思うので、まずは代表でも自分のコンディションを100に持っていきたい。

 あと、やっぱり日本の選手と一緒にやるという、違った難しさもあるので、そこも修正しながら慣らしていきたいですね」

 若くして海外に飛び出した伊藤には、いろいろなタイプの日本人選手とプレーした経験が少ない。そういうチームのなかに入って戦うことの難しさという新たな課題も発見したという。

 悔しさとともに感じた課題も収穫のうちだろう。克服したときには、代表でも輝きを放つ日がくるに違いない。