ノーベル医学生理賞に京都大学・金久実教授と予測 アメリカの情報会社

ざっくり言うと

  • アメリカの情報会社が20日、ノーベル医学生理学賞の受賞者予測を発表した
  • 可能性が高い1人として選ばれたのは京都大学化学研究所の金久実特任教授
  • 分子レベルの大量データを活用したデータベース「KEGG」を開発した人物だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x