U-17W杯出場権を懸けた戦いで、日本はタイとの初戦を白星で飾った。写真:佐藤博之

写真拡大

 来年のU-17ワールドカップ出場を懸けたU-16アジア選手権が9月20日、マレーシアで開幕。日本はグループリーグのタイとの初戦を5-2でモノにし、白星スタートを切った。

 試合はキックオフ前からの降雨により、スリッピーなピッチ状態でスタート。そうした状況下で、日本は開始1分、タイの鋭いカウンターからFWスパナットに決められ、いきなりの失点。立ち上がりに虚を突かれてしまう。

 しかし日本も慌てず反撃。6分に荒木遼太郎(東福岡高)のゴールで同点に追いつくと、さらに8分、ディフェンスラインの裏に抜け出した荒木のラストパスを近藤蔵波(C大阪U-18)が落ち着いて決め、逆転に成功する。

 日本は15分にDF陣のミスを突かれ、いったんは同点とされるものの、34分に再び荒木がゴールネットを揺らし勝ち越し。前半終了間際にはキャプテンの半田陸(山形ユース)がセットプレーからのこぼれ球を押し込んで、4-2と突き放して前半を終了した。

 後半に入っても、タイの粘り強い守備とスキルの高さを活かした攻撃に苦しんだ日本だが、再三身体を張ったブロックを見せる最終ラインの堅守もあってゴールは許さない。

 日本も最前線でエースの西川潤(桐光学園高)が高いキープ力でチャンスを生み出すが、後半はなかなかフィニッシュに至らない。しかし後半アディショナルタイム、日本はカウンターで抜け出した唐山翔自(G大阪ユース)がダメ押しの5点目をゲット。

 その後、日本は無失点で試合を終わらせ、5対2でタイムアップ。初戦を白星で飾った。

 日本は9月23日のグループリーグ第2戦で、タジキスタンと対戦する。タジキスタンは、マレーシアとの初戦に2対6で敗れている。