父親が8歳の息子を暴行し死なせた疑い 頭には陥没骨折や脳内出血

ざっくり言うと

  • 奈良県で、8歳の息子を暴行し、死亡させたとして36歳の父親が逮捕された
  • 司法解剖の結果、息子の頭には陥没骨折や脳内出血があったとのこと
  • 父親は「頭を殴りつけたことに間違いありません」と容疑を認めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x