ロヒンギャ問題を国連調査団が報告 軍幹部の刑事訴追を勧告

ざっくり言うと

  • ミャンマー西部で、イスラム教徒の少数派ロヒンギャが迫害を受けた問題
  • 国連調査団が18日、報告書を発表し、国軍幹部を国際法廷で裁くよう勧告した
  • 報告書は440ページに及び、調査団もかつてないほど広範の報告書と強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x