映画『そらのレストラン』北海道映画シリーズ3作目&大泉洋主演、“せたな”を舞台にチーズと心の絆を描く

写真拡大

映画『そらのレストラン』が、2019年1月25日(金)全国ロードショー。主演は大泉洋。

北海道シリーズ3作目

『そらのレストラン』は、洞爺湖を舞台にした2012年の『しあわせのパン』、空知を舞台にした2014年の『ぶどうのなみだ』に続く、北海道映画シリーズの3作目となる映画。北海道道南にある“せたな町”を舞台に、海の見える牧場で作り出される“チーズ”と様々な食材が、仲間や家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様子を描く。

誰かと一緒に生きることによって、1人でいるよりも更なるしあわせを育むことができる、みんなで手を合わせ「いただきます」を言った後の笑顔はかけがえのない瞬間であると気づかせてくれる、心温まる物語だ。

主演は大泉洋、本上まなみ&岡田将生も出演

チーズ工房を営む主人公・設楽亘理役は、『焼肉ドラゴン』『探偵はBARにいる』シリーズ『恋は雨上がりのように』でも主演を務めた大泉洋。また、亘理の妻・こと絵役は、女優・本上まなみが、東京からきた牧羊を営む青年・神戸陽太郎役は『伊藤くん A to E』の岡田将生が演じる。

その他、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世など、個性豊かなキャストが集結する。

監督は、『神様のカルテ』シリーズ、映画『サクラダリセット』も手掛けた深川栄洋が務める。

主題歌はスカート「君がいるなら」

主題歌は、ジャンルレスに注目を集めるシンガーソングライター・バンドのスカートが『そらのレストラン』のために書き下ろした楽曲「君がいるなら」。スカートは、挿入歌として「花束にかえて」 も提供している。また、世武裕子も挿入歌として「Bradford」を提供している。

ストーリー

北海道せたなで暮らす亘理(わたる)と妻のこと絵と一人娘の潮莉(しおり)。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

詳細

映画『そらのレストラン』
公開時期:2019年1月25日(金)
出演:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世
監督・脚本:深川栄洋
脚本:土城温美
主題歌:「君がいるなら」スカート
挿入歌:「Bradford」世武裕子/ 「花束にかえて」 スカート


[写真付きで読む]映画『そらのレストラン』北海道映画シリーズ3作目&大泉洋主演、“せたな”を舞台にチーズと心の絆を描く

外部サイト

  • 映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』劇場版アニメーション3部作の公開が決定
  • 映画『空母いぶき』かわぐちかいじ原作コミック実写化、西島秀俊&佐々木蔵之介が危機に立ち向かう自衛官に
  • 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』笑いと涙の車イス人生、大泉洋×高畑充希×三浦春馬