首都圏はおととい17日、きのう18日(2018年9月)と、2日連続で帰宅時間帯にゲリラ豪雨に襲われたが、きょう19日は大丈夫なのか。

駅の階段が滝状態になり、池袋駅では屋根から激しく雨漏りして「危ないですから構内で傘をささないで」というアナウンスがあったほどだった。

司会の小倉智昭「危ないのはわかりますが、傘はさしたくなりますよ。ゲリラ豪雨といえば短時間に一気のイメージがあるけど、けっこう長かったねえ」

気象予報士の天達武史は「1個1個の雨雲は小さかったのですが、東へ移りながら激しい雨を降らせました。おととい17日のは前線、きのうは強い寒気が原因で、長時間、広範囲にわたりました」という。

きょうの関東地方は山沿いを除き晴れ、あすからあさってにかけては大雨の可能性もあるそうだ。