福田正博フォーメーション進化論

 森保一監督が率いる新生・日本代表は、初陣のコスタリカ戦に3-0で勝利した。溌剌としていて新鮮味があったうえに、初戦だというのに、何年も一緒にやってきたかのような一体感と完成度がチームにあって、おおいに驚かされた。


コスタリカ代表に3-0で勝利した日本代表

 これまでの日本代表を振り返ると、新監督が就任した最初の試合は、攻撃でノッキングが起きたり、タイミングが合わないシーンが目立ったりすることもあった。それは、日本人の特性や、日本サッカーの流れをまだ熟知していない外国人監督が自身の戦術を落とし込もうとして、選手がそれを生真面目に実行しすぎることが原因にあった。

 日本人選手はコンセプトを徹底されると、それを徹底しすぎて柔軟性を失う傾向がある――。そのことをわかっている森保監督は、攻守両面での組織としてのコンセプトは伝えつつも、選手が個々の能力を出しやすい柔軟性のある環境をつくりあげた。だからこそ、組織として戦いながら、選手がドリブルなどの個性やストロングポイントを発揮するシーンも見られた。

 今回、前線に配置された中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルグ)や、守備的MFに起用された遠藤航(シント・トロイデン)、右SBの室屋成(FC東京)といった選手たちがとくに躍動した。途中出場した浅野拓磨(ハノーファー)も含めたこの世代は、リオ五輪で一緒にプレーしてきたことによる連携があったのは言うまでもない。

 彼らや堂安律(フローニンゲン)といった若い選手たちが伸び伸びとプレーできたのは、森保監督のチームマネジメントがあればこそ。森保監督は若手だけを起用するのではなく、センターラインに経験のある選手たちを置いた。1トップに30歳の小林悠(川崎フロンターレ)、セントラルMFに32歳の青山敏弘(サンフレッチェ広島)、CBに31歳の槙野智章(浦和レッズ)、GKに32歳の東口順昭(ガンバ大坂)。チームの中心線を担ったベテランが、攻守でバランスを取りながら、若い選手たちが自由にプレーできる環境をつくったのだ。

 アグレッシブにゴールに向かうプレーを見せた若い選手たちのうち、堂安律は1、2年後には日本代表の中心になっている逸材であることを示してくれた。

 コスタリカ戦の前半はボールになかなか絡めなかったが、後半からはボールを引き出し、シュートこそ決まらなかったが、自分らしさを随所に発揮していた。まだ20歳だが、体もできているし、技術も高く、左足でのボールコントロールも抜群だ。昨季はオランダで結果を残し、W杯ロシア大会のメンバーに選ばれていても不思議ではないほどだった。今後、さらに成長を遂げてくれるはずで、彼の成長が日本代表の成長にもつながると思えるほどの存在感があった。

 トップ下で起用された南野は、彼の持つ創造性や技術力を発揮していた。彼の持ち味は、攻撃を組み立てるというよりは、ゴール前に飛び出していくプレーにあるが、迫力を持ってゴールに向かう姿勢が出ていたのは評価したい。

 中島は、プレーが少しずつ洗練されてきている印象だ。プレーがシンプルになって、相手にとってより怖い選手へと変貌しつつあると感じさせてくれた。体力を相手ゴール前のより近くで使えるようになっているし、守備では相手のパスコースを切っていくうまさが備わり、プレーのはしばしに成長の跡が見て取れた。

 中島の主戦場である左サイドは、W杯ロシアのメンバーだった原口元気(ハノーファー)、乾貴士(ベティス)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)らがいて、南野も得意にしている。このポジションは、彼らが切磋琢磨していくことで、日本代表のストロングポイントになっていくはずだ。

 そして、相手ゴールに向かうプレーを見せた堂安、南野、中島らのプレーを引き出したのは、青山だった。ボールの散らし、縦パスやDFの裏を狙うパスはすばらしく、彼のつくり出すリズムとテンポ、ゲームをコントロールする力は際立っていた。

 青山は森保監督が自分を招集した意図を理解し、若い選手たちが自分のプレーに集中できるように、チームのど真ん中で落ち着きをもたらしていた。4年後を見据えると、32歳の青山が代表の中心にいる光景は想像しにくい。しかし、そこに向かう日本代表にとっては、彼が広島時代の森保監督のもとで培ってきた経験則が、”森保サッカー”をやるために必要不可欠なものであり、若い選手にとってのガイドラインともいうべきものだ。

 たとえば、ウルグアイ代表CBの32歳のディエゴ・ゴディンと23歳のホセ・マリア・ヒメネスは、アトレティコ・マドリードで一緒にプレーするなかで、ゴディンがお手本となってヒメネスの成長をもたらしている。それと同じで、守備的MFのポジションで青山と一緒にプレーする選手が、ここからどう青山のプレーを吸収していくのかは、森保監督の戦術やスタイルを日本代表に浸透させていくためのポイントになるはずだ。

 森保監督はJリーグの視察にも熱心で、海外組だけを招集するわけではない。「チームのために一生懸命に働き、その上でプラスアルファ」を発揮できれば、国内・海外にかかわらず日本代表に選ばれる可能性がある。これは選手にも伝わっているはずで、Jリーグが活性化していくだろう。10月にあるパナマ代表、ウルグアイ代表を迎える国際親善試合では、どういった選手が招集されるのか楽しみだ。

 また、今回のコスタリカ戦で若手が結果を出したことは、今回招集されなかったW杯ロシア大会のメンバーである吉田麻也(サウサンプトン)や大迫勇也(ブレ-メン)、乾ら、海外組の選手にとっていい刺激になるのではないか。

 森保新体制でのプレーをとくに見てみたい選手は大迫だ。今季は、新天地のブレーメンで監督からの信頼が厚く、クラブでは試合展開に応じて、FWだけでなく、左サイド、右サイド、トップ下などいろんなポジションを任されている。日本代表で彼ほどボールの収まるFWはいない。その大迫が、新しい代表チームで若い選手たちとどういった化学反応を見せてくれるのか期待したい。

 こうしたワクワク感を抱かせてくれることが、森保監督の新生・日本代表の最大の魅力であり、次の10月の2試合にもさらに注目していきたい。