組長の病状めぐり虚偽診断書作成か 元医師が初公判で関与否定

ざっくり言うと

  • 暴力団組長の病状をめぐり、虚偽の診断書を作成した疑いの元医師
  • 18日の初公判では「内容は虚偽ではない」と述べ、起訴内容を否認した
  • 収監を免れさせるため、虚偽の診断書を作成して検察庁に提出したとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x