大分空港で起きた小型機の胴体着陸 操縦士「車輪を出し忘れた」

ざっくり言うと

  • 16日、大分空港で小型プロペラ機が胴体着陸した
  • 操縦士が「機体の車輪を出し忘れた」と説明していることが、17日に分かった
  • 国土交通省大分空港事務所は18日以降、機体の損傷状況などを調べる予定だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x