平成最後のカレンダー商戦が本格化 知恵を絞り「新元号」に対応

ざっくり言うと

  • ロフトでは17日から、2019年のカレンダー売り場を拡大している
  • 新しい元号に代わるため、工夫を凝らしたカレンダーが続々と登場
  • 「平成」表記の欄を5月以降は空欄にするなど、知恵を絞っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x