むくみの原因と予防法

写真拡大

そもそも「むくみ」って…?

 むくみとは、血液中の水分が血管、リンパ管の外に染み出てしまい、細胞と細胞の間の水分が以上に増加している状態のことを言います。主に、顔や手、足に起こりやすい症状です。むくみによって、体重が増えたり、腫れぼったく太って見えたりすることがあります。

むくみの原因


 基本的にむくみの原因としてあげられることは、塩分の過剰摂取、長時間同じ姿勢でいる、血行不良や冷え、新陳代謝の低下などです。

■顔のむくみの原因
 顔のむくみは、ほとんどの場合朝に見られます。夜寝ているとき、頭も胴体も足も、ほぼ同じ高さになりますよね。日中、生活をしているときは、人の頭は身体の一番高いところにあるので、余分な水分は顔には溜まりません。
 ですが、寝ている姿勢のときは顔にも余分な水分がほかの場所と同様にめぐってきます。そのため、朝起きたときに顔がむくんでいるのです。
 また、前日の夜に塩分の多いものやアルコールを摂取した時 に顔のむくみは起こりやすいです。

■足のむくみの原因
 重力によってからだの水分が足の方へ降りてきてしまうのが主な原因です。また、長時間立ったまま、座ったままなどの同じ姿勢を取り続けていることによって、水分が循環されず、足がむくんでしまうのです。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/

むくみの予防・解消方法

■顔のむくみの予防方法
 顔がむくんでいる状態というのは、顔に余分な水分が溜まっているという状態です。そのため、できるだけ余分な水分をため込まないようにするのがベストです。方法の一つとして、枕を高くするといいでしょう。枕を少し高くすることによって、顔のむくみを防止することができます。寝ているときの姿勢が顔と胴体と足がほとんど同じ高さなため、 頭を少し高くすることによって、顔にたまる水分を防げます。
 また、できるだけアルコールを控えることも大切です。

■足のむくみの解消方法
足のむくみを解消するには、できるだけ足を動かすようにすることです。事務仕事をしているのであれば1時間に一度トイレに立つなど、歩くようにしましょう。他には、マッサージやストレッチなどで、むくみを解消することもできます。つま先立ち運動もおすすめです。

[文:meilong スタッフ]

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://meilong.amebaownd.com/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/

meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)

大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに100件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。
世に鍼灸を広めたくmeilong恵比寿院をオープン!