サケ高騰も「人工イクラ」より安い「天然イクラ」の正体と注意点

ざっくり言うと

  • サケが高騰しても「人工イクラ」より安い「天然イクラ」があると伝えている
  • マスの魚卵を使った「マスコイクラ」で「天然イクラ」と表示できるという
  • 発色剤の亜硝酸塩でピンク色にし、化学調味料が使用されているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x