秋競馬も、はや2週目。海の向こうフランスでは、凱旋門賞(10月7日/ロンシャン・芝2400m)の前哨戦となるフォワ賞(9月16日/ロンシャン・芝2400m)が行なわれるが、日本では3歳牡馬三冠の最終戦となるGI菊花賞(10月21日/京都・芝3000m)のトライアル戦、GIIセントライト記念(中山・芝2200m)が9月17日に行なわれる。

 セントライト記念の過去10年の傾向を振り返ると、1番人気は3勝、2着2回、3着1回、着外4回と連対率は50%。そのうち、GIで馬券圏内(3着以内)に入ったことがない馬が1番人気に推されたケースが3度あるが、いずれも着外に終わっている。

 この点については、目下3戦3勝という戦績に加え、昨年のダービー馬レイデオロの全弟でもあることから、上位人気が予想されるレイエンダにとっては嫌なデータとなる。

 日刊スポーツの木南友輔記者も、レイエンダの能力は認めつつも、ここでは懐疑的な目を向ける。

「藤沢和雄調教師のレイエンダへの惚れ込みはすごくて、昨年のオークス週には、レイデオロがダービーを勝つ前に『この馬(レイデオロ)か、その弟(レイエンダ)は、必ず種馬にしなくては。そのくらい、いい馬』と話していたほど。そういう意味では、あっさり勝っても不思議はないんですが、藤沢和厩舎は(同じく菊花賞トライアルの)神戸新聞杯(阪神・芝2400m)での成績が抜群な一方で、セントライト記念の成績はパッとしません。

 もし神戸新聞杯に向かっていたら、過去の名馬(シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、レイデオロなど)級の、絶対的な自信があってのことだと思うのですが、今回、セントライト記念を選択したのはちょっと気になるところ。もちろん、牧場やオーナーサイドによる使い分けが、その理由かもしれませんけど……」

 戦績や血統だけでなく、全国リーディングトップのクリストフ・ルメール騎手が手綱を取ることもあって、非常に怖い1頭となるが、絶対視するのは禁物かもしれない。

 代わって、木南記者が推すのは、レイエンダと同じく春のクラシック出走が叶わなかったブレステイキングだ。

「”遅れてきた大物”というのは、レイエンダもそうですが、このブレステイキングもそう。母親のシユーマは、フランスの人気種牡馬シユーニの妹という”スーパー良血”馬ですからね。

 春は惜しい戦いが続いて、3歳1勝馬クラスのフリージア賞(2月17日/東京・芝2000m)では、のちにNHKマイルCで2着となったギベオンに僅差の3着。ダービートライアルのプリンシパルS(5月5日/東京・芝2000m)では、ダービー本番でも3着に入ったコズミックフォースにわずかに及ばずの2着でした。

 ここに向けての1週前追い切りでは、重いウッドチップのコースでギュンギュン加速。すさまじい動きを見せていて、具合はかなりいいのではないでしょうか」

 木南記者と同様、デイリースポーツの大西修平記者も、春のクラシック未出走組から良血馬をピックアップ。ウオッカの子、タニノフランケルを”穴馬”として推奨する。


前走の西部スポニチ賞を圧勝したタニノフランケル

「タニノフランケルは、前走の1000万特別・西部スポニチ賞(8月19日/小倉・芝1800m)を4馬身差の完勝。1分45秒4という勝ち時計も優秀ですし、早め早めの競馬で、直線で後続を突き離すレースぶりも圧巻でした。

 ひと夏越して馬体にメリハリが出てきた印象で、精神的な成長もうかがえました。将来的には控えた競馬もできると思いますが、現時点では前々の競馬が合っているように感じます。

 父がフランケルになって、ウオッカの子らしいパワフルさに、スピードが加わった印象。開幕2週目の今の中山の絶好馬場も味方になりそうですし、小回りの中山・芝2200mという設定は、いかにもこの馬に合いそう。

 中間は涼しくなってきたことで、『体調はさらに上向き』と陣営も上積みに自信を見せています。同型との兼ね合いがカギになりますが、スタートさえ決められれば、押し切りがあっても驚けないですよ」

 ウオッカ産駒はここまで重賞勝ちはないが、タニノフランケルが初の重賞制覇を果たすのか、注目される。

 大西記者はもう1頭、超人気薄の名前を挙げて、その馬の大駆けを期待する。

「メイショウロセツです。同馬は前々走の500万特別・メルボルンT(5月19日/京都・芝2200m)のあと、思い切って休養に入ったことが功を奏しました。メルボルンTでは後方からの競馬になって5着。連戦の疲れからか、思いのほか行き脚がつきませんでした。

 それが休養を取って、しっかりと精神的にもリフレッシュできたのか、前走の500万特別・英彦山特別(8月18日/小倉・芝2000m)では、好位から抜け出して快勝。本来の行きっぷりが戻ってきていたのが、何よりの好材料です。

 しぶとさが身上のこの馬の性質を考えれば、直線が長いコースよりも、前走の小倉や今回の中山コースのほうが合うと思います。前走はまだ緩さの残る状態で使ったため、『一度(レースを)使った上積みは十分に見込める』と陣営も仕上がりのよさには太鼓判を押しています。

 初勝利を挙げた4走前の未勝利戦が2400m戦。前走からの距離延長もまったく問題ありません。他馬と併せてからの勝負根性が魅力ゆえ、目標となる強力な先行馬が何頭かいるのも、この馬にはプラスに働くはず。一発の魅力を大いに感じています」 春のクラシックは大荒れとなった3歳牡馬戦線。セントライト記念でも波乱の可能性は十分にある。まもなく始まる秋のGIシリーズの資金はもちろん、欧州のビッグレースを観戦する旅費までもたらしてくれる馬が、ここに挙げた3頭の中にいるかもしれない。