駅伝部員への暴力やパワハラを指摘されていた日本体育大学の渡邉正昭・駅伝ブロック監督(55)をが解任された。大学当局の部員らへの聴き取り調査で、部員に罵詈雑言を浴びせたり、足を蹴ったり、胸ぐらをつかんだりなどの暴力行為が確認されている。

オリンピック控えてスポーツ界の改革待ったなし

司会の加藤浩次「長年にわたってという見方なのか、昔の指導法をやっていたという見方なのか、分かれるとこだと思います」

イラストエッセイストの犬山紙子「いま変えないでどうするという段階だと思います。部員の体よりも成果を求める大人たちがいるということだと思いますね」

国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン「そういうオリンピックにはしたくないですね」